長岡造形大学 海外渡航手続きについて
授業・私用によらず全ての海外渡航の場合において、渡航前に以下のとおり準備すること。

 1.  外務省海外安全ホームページ で渡航先の国・地域の危険レベルを確認し、渡航を検討
   ※長岡造形大学では、レベル2「不要不急の渡航は止めてください」以上の場合は渡航禁止

 2.  たびレジ(外務省 海外安全情報通信サービス) に登録する
   ※たびレジに登録すると、外務省から各地域の最新の安全情報がメール配信されます。
   ※3か月以上滞在する場合は、住所又は居所が定まってから「在留届」を提出(外務省へ)

 3. 渡航先の 在外公館連絡先 を確認する

 4. 海外留学保険または海外旅行保険に加入する
   ※十分な補償内容か各自確認すること

 5. 渡航先、渡航日程、保険内容等については必ずご家族と共有すること
   ※不明点、心配事があれば学務課へ相談

■新型コロナウイルス感染症対策:帰国した場合の対応について
海外からの帰国者は、渡航先により、自宅など検疫所長が指定する場所での「2週間」の待機、及び公共交通機関の使用制限を要請される場合があります。
本学では、帰国後2週間は外出を控え、自宅に滞在のうえ、厳重な健康観察をすることとします。

長岡造形大学 学務課
gakumu@nagaoka-id.ac.jp
0258-21-3351